グラフィックデザインイメージ

印刷する前段階がグラフィックデザインの分野でしたが、印刷しないメディアにも有用性を発揮しています。
もちろんデザインものをメディアに落とし込む際にはDTPスキルが必須でしょうが、まずは紙からメモ用紙からの出発が私たちの第一歩となります。
そのためには他者に対しての説得力のある「絵」の力が必要で、私たちにはそれがあります。

グラフィックデザインについて

これだけDTPフォントが出回っている時代ですから、既成書体を少しアレンジすれば社名や商品名などたちどころに仕上がるのが現実です。しかしながらタイポグラフィックデザインを学んだ私たちとしては、視覚心理や錯視補正、色彩コミュニケーションといったメンタルなフィルターと通します。したがって私たちは「ココロに響くロゴ・マーク」をご提案いたします。

ロゴタイプデザインについて

こちらも素材集などが廉価で出回っておりますので、単独でのビジネスは難しい現実です。でも「描画」でしか表現できない「絵」もあるはずです。それは臨場感であり、独自性であり、課題に対する答えであると信じています。もしキャラクターなどをお考えでしたら、ぜひお声をかけてください。

イラストレーションについて