ビジネスプランニングイメージ

空間であれ、商品であれ、マークであれ、三次元でしか表現できないものであれば立体でお見せします。平面デザインの立体応用ならお任せください。さらに一次元加えて動画としてもご呈示できます。人間工学とまではいえませんが、空間なら動線を、商品なら人のサイズを最大限に気遣うのも主婦の目線ではないでしょうか?

プロダクトデザインについて

プロダクトデザインについて

「包む・守る」から「見せる・わからせる」といったパッケージに関心があります。商品として売り場に並んだときのお客様の目を意識します。あるいは自分たちが手に取ったときの印象を意識します。

パッケージデザインについて